現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の窓口
  3. 町民課
  4. 生活環境係
  5. 地方交通路線バス
  6. サロベツ線の観光スポット

サロベツ線の観光スポット

サロベツ湿原センター【湿原センター前停留所下車】・ サロベツ原生花園【原生花園前停留所下車】

  • 写真

    例年7月上旬には多くの花を咲かせます。

  • 写真
    サロベツ湿原センター

    サロベツ原野の成り立ちや、泥炭・湿原の仕組み・動植物などが詳しく説明されています。

  • 写真
    レストハウス

    開設期間5月から10月
    名物のあげいもやいももちをはじめ、軽食などが楽しめます。

  • 写真

    毎年多くの観光のお客様が立ち寄られます。

稚咲内海岸(ハウス砂丘林)【稚咲内第2前停留所下車 徒歩3分】

  • 写真

    広大なサロベツ原生花園から砂丘林を抜け…

  • 写真

    晴れた日には利尻・礼文島が手に取るように見渡せる稚咲内海岸が広がります。

  • 写真
    ハウス砂丘林

    開設期間5月から10月
    サロベツラーメンなどの食事が楽しめるほか、お土産品などの売店もあります。※バス停は「稚咲内第2前」をご利用ください。

  • 写真

    観光のお客様のほか、札幌方面から稚内へ向うドライブ途中の絶景の休憩ポイントにもなっています。

サロベツ路線のオススメ観光スポット状況

サロベツ湿原センター

  • 写真
    サロベツ湿原センター
  • 写真
    レストハウス
  • 写真
    泥炭採掘のため使用されていたポンプ船
国立公園の新しい利用拠点として昨年誕生したサロベツ湿原センターでは、サロベツ湿原の仕組みや生息する動植物の詳細な説明のほか、かつて泥炭の工業的利用のために使用されていたポンプ船などが展示されており、湿原の成り立ちや地域の歴史などを感じ取ることが出来ます。

さまざまな花たちが見ごろを迎えるサロベツ湿原

サロベツ湿原センターの遊歩道からは季節の移り変わりに合わせ様々な花たちを見学することが出来ます。
また、色とりどりの花々のほか、遊歩道脇には食虫植物の一種などの珍しい植物も見学できます。
サロベツ線は6月から9月の期間は3往復運行しており、豊富駅から8時25分、13時00分に出発する便についてはサロベツ湿原センター前停留所に到着後、折返しの便が来るまで40分程度時間の余裕があります。
遊歩道の散策による花の見学などへの利用も可能ですので、この機会に是非ご利用ください。
  • 花の写真
  • 花の写真
  • 食虫植物の写真

    平成25年8月15日 サロベツ湿原センター遊歩道から撮影

  • 花の写真

    平成25年6月25日 サロベツ湿原センター遊歩道などから撮影

サロベツ線

サロベツ線バスの写真
豊富駅からサロベツ原野を経由し稚咲内までを結ぶ『サロベツ線』のご利用により、サロベツ原野・利尻富士をすそ野から見渡すことのできる稚咲内海岸に訪れることができます。
※サロベツ線は路線バス乗り放題きっぷ『萌えっ子フリーきっぷ』のご利用が可能な路線です。

稚咲内海岸から見る風景

利尻島がすそ野から見渡すことができる稚咲内海岸は珠玉のドライブコースとなっています。
稚咲内海岸では季節により様々な風景を見ることができます。
  • 稚咲内からの利尻富士の写真
  • 稚咲内からの利尻富士の写真
  • 稚咲内海岸と夕日の写真

お問い合せ・担当窓口

町民課 生活環境係

  • 住所:郵便番号098-4110 北海道天塩郡豊富町大通6丁目
  • 電話番号:0162-82-1001
  • ファクシミリ:0162-82-2806
  • メール:chominka@town.toyotomi.hokkaido.jp