現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の窓口
  3. 総務課
  4. 税務係
  5. バリアフリー改修工事に伴う固定資産税の減額措置について

バリアフリー改修工事に伴う固定資産税の減額措置について

平成19年度の税制改正により、高齢者等が安心して快適に自立した生活を送ることのできる環境の整備を促進し、高齢者等の居住の安定の早期確保を図るため、一定のバリアフリー改修工事を行なった場合の特例措置が創設されました。
平成19年4月1日から平成28年3月31日までの間に、既存の住宅にバリアフリー改修工事を行なった場合、その住宅の翌年度分の固定資産税額を減額します。

1.主な要件

居住者の要件

次のいずれかに該当するかたが居住していること
  1. 65歳以上のかた
  2. 要介護認定又は要支援認定を受けているかた
  3. 障害者のかた

住宅の要件

平成19年1月1日に現存する住宅で(賃貸住宅は除く)、平成19年4月1日から平成28年3月31日の間にバリアフリー改修工事が完了した住宅

バリアフリー改修工事の内容

車椅子での移動や介助のためのスペースを確保する工事や、転倒事故等の防止や体への負担を軽減するための勾配の緩和・段差解消・手すりの設置等に関する工事
具体例
  • 廊下・出入り口の拡幅
  • 廊下等への手すり設置
  • 階段の勾配の緩和
  • 屋内の段差の解消
  • 浴室の改良(浴槽のまたぎ幅の緩和等)
  • 引き戸への取替え工事
  • トイレの改良(洋式便器への取替え等)
  • 床材の滑り止め化

工事費の要件

バリアフリー改修工事に要した費用(補助金等をもって充てる部分を除く。)が50万円以上であること。

2.減額対象年度と減額となる税額

  1. 減税対象年度…改修工事が完了した日の翌年の4月1日の属する年度分
  2. 減額となる税額…改修工事を行なった住宅の100平方メートル相当分(床面積が100平方メートル以下の場合はその住宅全体)の税額の3分の1

3.申告の方法

減額を希望するかたは、バリアフリー改修工事完了後3ヶ月以内に、「バリアフリー改修工事に伴う固定資産税減額申告書」に下記の書類を添付のうえ、豊富町役場総務課税務係に提出してください。
  1. 申告者(所有者)の住民票謄本
  2. 改修工事の明細書の写し【工事内容・費用が確認できるもの】
  3. 改修工事の図面の写しと写真【改修前と改修後のもの】
  4. 領収書の写し【工事費用を支払ったことが確認できるもの】
  5. 補助金等の明細書の写し【補助金等を受けていない場合は不要】
  6. 介護保険の被保険者証、障害者手帳等の写し

お問い合せ・担当窓口

総務課 税務係

  • 住所:郵便番号098-4110 北海道天塩郡豊富町大通6丁目
  • 電話番号:0162-82-1001(内線 117番・118番)
  • ファクシミリ:0162-82-2806
  • メール:zaiseika@town.toyotomi.hokkaido.jp