現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の窓口
  3. 総務課
  4. 税務係
  5. 省エネ改修工事に伴う固定資産税の減額措置について

省エネ改修工事に伴う固定資産税の減額措置について

平成20年度の税制改正により、地球温暖化防止に向けて家庭部門のCO2排出量の削減を図るため、既存住宅において省エネ改修を行なった場合の特例措置が創設されました。
平成20年4月1日から平成28年3月31日までの間に、既存の住宅に省エネ改修工事を行なった場合、その住宅の翌年度分の固定資産税額を減額します。

1.主な要件

住宅の要件

平成20年1月1日に現存する住宅で(賃貸住宅は除く)、平成20年4月1日から平成28年3月31日の間に省エネ改修工事が完了した住宅

省エネ改修工事の内容

(1)窓の改修工事(二重サッシ化、複層ガラス化など)、又は(1)と合わせて行う(2)床の断熱工事、(3)天井の断熱工事、(4)壁の断熱工事で、改修部位がいずれも現行の省エネ基準に新たに適合することになるもの。

工事費の要件

省エネ改修工事に要した費用が50万円以上であること。

2.減額対象年度と減額となる税額

  1. 減税対象年度…改修工事が完了した日の翌年の4月1日の属する年度分
  2. 減額となる税額…改修工事を行なった住宅の120平方メートル相当分(床面積が120平方メートル以下の場合はその住宅全体)の税額の3分の1

3.申告の方法

減額を希望するかたは、省エネ改修工事完了後3ヶ月以内に、「省エネ改修工事に伴う固定資産税減額申告書」に下記の書類を添付のうえ、豊富町役場総務課税務係に提出してください。
  1. 熱損失防止改修工事証明書(建築士、指定確認検査機関または登録住宅性能評価機関等による証明書)
  2. 改修工事に要した費用を証する書類または領収書の写し
  3. 改修工事完了後から3ヶ月以内に申告できなかった場合は、その理由書

お問い合せ・担当窓口

総務課 税務係

  • 住所:郵便番号098-4110 北海道天塩郡豊富町大通6丁目
  • 電話番号:0162-82-1001(内線 117番・118番)
  • ファクシミリ:0162-82-2806
  • メール:zaiseika@town.toyotomi.hokkaido.jp