現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の窓口
  3. 豊富町立豊富小学校
  4. 校長室
  5. 平成27年度
  6. 平成27年度1学期 5月の校長室

平成27年度1学期 5月の校長室

5月29日「応援合戦、全校集会」

今日の3校時、体育館で全校集会。児童会より運動会のスローガンが発表され、各学年の種目を披露。1年生は、ずいぶんお兄さん、お姉さんになったなあと感心。他の学年はとてもてきぱきと動いていて気持ち良かったです。話の聞き方もとても立派でした!次に紅組と白組に分かれて応援合戦。体育館いっぱいにみんなの声が響き渡りました!どちらの応援団の人たちもかっこよかったです!やっぱり何事も全力をつくすって気持ちいいね!校長先生からは「勝っても負けてもスッキリ終わること。」「一緒に闘った仲間を前より好きになること。」をお願いし、「いくぞ~!」の校長先生のかけ合に、全員こぶしを振り上げ「おう!」で応えてもらいました!なんかみんなの応援合戦を見ていると、校長先生も全力を出したかったのでした。来週の日曜日お天気もみんなにほほえんでくれますように! 
  • 全校集会の写真

5月22日「成長がわかる縦割り給食」

給食の写真
昨日の給食は縦割り給食。運動会の団結昨日の給食は縦、全校を10班の縦割りに分けて各教室でそれぞれ班ごとに食べました。この縦割りは他にもいろいろな活動をするそうです。校長先生は、1班の家庭科室へ。「校長先生!ここいいよ!」と言われたので写真のみんなと楽しく給食を食べました。3年生3名と1年生1名のとっても元気のよいグループでした。不思議なもので3年生も子ども子どもしていると思ったのですが、1年生と一緒だと、ずいぶんお兄さんお姉さんなんだなあと感じました。
やっぱり1年、1年大きく成長しているんですね。  

5月20日「校長先生に要望」

児童会書記局員の写真
今日の昼休み児童会書記局の3名が校長室に来て、22日(金曜日)の児童総会で出される要望について答えてほしいとのお願い。「体育館でのボール使用」についての要望が多かったのですが、「夏休みを増やしてほしい。」「休み時間を増やしてほしい。」という要望も。校長先生は、さて何と答えるでしょう。 

5月18日「学童入所交流会」

土曜日の19時から定住センターで学童入所交流会があり出席してきました。保護者の子ども合わせて120名の大交流会でした。教育長さんもいらっしゃいました。豊小からは私と教頭先生と1年 担任の池田先生、2年担任の後藤先生も出席。大人気でしたね!みんなで手巻きずしなどを食べ、ビンゴゲーム、みんなで写真を撮って、長縄跳びなどみんなで楽しみました。会長の高橋さんは20年近く学童の立ち上げ後からずっと会長さんを務めてるそうです。自分の子どもが学童をすでに卒業しているのに多くの子どもたちのために頑張り続けていることに頭が下がる思いです。学童を支えている方々に感謝です!  
  • 出席者の集合写真

    会長の高橋さんにご提供して頂いた写真です

  • 学童入所交流会の写真

5月13日「昔と今」

低学年の授業の写真
今日は、低学年の授業をじっくりと見せてもらいました。国語の授業。全体的にはみんな一生懸命頑張っている。あらら…先生の言うことを聞かないで勝手なこと をしてる子、まったく授業に参加しようとしない子、集中力がきれて立ち歩く子。いろいろいるなあ。子どもには子どもの事情があるのでしょう。担任の先生と支援員の先生は、やさしく注意をうながしやる気にさせようと頑張っています。豊小に限らずこういう小学校での場面がものすごく増えているようです。支援員さんの導入が増えているのもうなずけます。本当に温かく、辛抱強い指導をしていて頭が下がります。私の32年前の小学2年の担任をした時を思い出してみると、間違いなく怒鳴るか、げんこつかビンタをはっていたと思います。小1を担任している妻が「そんなことしたら学校に来なくなるよ!今なんか大変なんだから。それにすぐ親からクレームだよ。」今思うとよくあんなかわいい子たちをたたいていたもんだなと思いますが。時代は完全に変わったようです。でも本気で自分のために叱る事もされなくなった子どもたちは、気づく子はいいけど、気づかないで大きくなった子どもたちは、どんな行動に出るのでしょう。だけどやっぱり今は、いつか気づくと信じて粘り強くやるしかないのでしょうね。がんばれ!先生!がんばれ!子どもたち!がんばれ!大人たち!

5月12日「心も身体も健康に!」

歯科検診の写真
今日は、歯科検診。歯医者さんがみんなの歯をチェック。ありがとうございます!校長先生が生まれ変わったら絶対大事にするものの一つに「歯」があります。若い時からの不摂生で、ずっ~と歯医者さん通い。歯にはずいぶん悩まされお金もかかっています。ちゃんと「歯」を大切にしていればと今更ながら後悔しています。みなさんは、大丈夫かな?歯も大事ですが、「味覚」も特に12歳以下にはとっても大事だそうで、その時までにいろいろな「味」を体験させることにより「心」にも大きく影響するそうです。  

5月8日「いざという時」

避難訓練の様子の写真
今日の2校時、避難訓練。火災報知機が鳴り、煙が立ち込める。緊急放送が入る。みんな身を低くして口をハンカチでおさえて並んでグラウンドに避難。3分58秒。消防の鈴木さんと石原さんのお話では、「実際に火事や地震、津波が起きた時、臨機応変な対処、危険予知能力が問われるので、ふだんから危機意識を持たせることが大切」で、学校で何かあったとき一番困るのは「親」だそうで、車で学校に押し寄せるので渋滞を巻き起こし逃げるに逃げられなくなり大災害になった例が多くあるとの事。「学校では、訓練をしっかりしてるし、命を預けているのだからもっと学校を信じてほしい。」とも語っておりました。我々学校も「かけがえのない尊い命をまかされている」という事を肝に銘じて日々教育活動をしていきます!  

5月7日「生きる速度」

走る児童の写真
連休もあっという間に終わりましたね。保護者のみなさん、お疲れ様。豊小は、子どもたちも先生方も特に何事もなく無事に連休を終えて良かったなあと思います。私は娘の働いている東京に行ってきました。東京の街はどの電車の駅に降りても、「ここはお祭りか!?」というくらい人であふれかえっていました。遠くまで黒い頭がぎっしりと道路を覆っています。電車をおりたらまた人の速度が速い速い!早送りを見ているようです。動きを止めたら死んでしまうんでないかと思うくらい殺気立ってます。一日約2万歩は歩き、足の裏が痛くなりました。田舎より都会の方が運動になります。速度と言えば中学校から小学校に久しぶりに転勤して来ましたが、その速度の違いに驚いています。ゆっくり物事が動いていきます。子どもも先生方も。ゆっくりに合わせるのもなかなか大変です。ある人の言葉で"子どもの「時」はゆっくり進むけど、大人の「時」はどんどん速くなる"というのがあります。私は、今のところどの速度にも合わせられない不器用もんです。  

5月1日「生き返ったバレーボール!」

作業の様子の写真
今日から連休。体育館に広瀬電工舎のかた3名が、体育館のステージ幕と電球を直しに来てくれました。ついでに、1年生を迎える会にみんなに校長先生がお話しした「泣いてるバレーボール」(天井にはさまっている14個のボール)も取ってくれました。大きなやぐらを立て移動しながらの大変な作業でした。でもおかげでスッキリ!バレーボールも喜んでいます。  

お問い合せ・担当窓口

豊富町立豊富小学校

  • 住所:郵便番号098-4110 北海道天塩郡豊富町字豊富大通1丁目
  • 電話番号:0162-82-1707
  • ファクシミリ:0162-82-1710
  • メール:toyoshoku1@hkd-toyosho.ed.jp