現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の窓口
  3. 豊富町立豊富小学校
  4. 教育活動
  5. 平成29年度2学期8月の教育活動

平成29年度2学期8月の教育活動

8月31日「笑う門には福来る!~落語鑑賞」

  • 3
    爆笑!!
  • 1
    町民センターで
  • 2
    爆笑!
8月30日水曜日、2~3時間目に青少年芸術劇場ということで、町民センターで「落語」を全校で聞きました。
今回豊富町に来ていただいた落語家さんは、「桂三段さん」「桂三四郎さん」の2名。
まずは、「落語教室」ということで、落語で使う道具や身なりについての話から、落語の所作の話(例えば、落語家さんは何人もの人を1人で演じ分けるので、右や左を向くことで、演じ分けたりしています。)などをわかりやすく、楽しく解説してくれました。
落語は、聞いてくれている相手にいかに想像させることができるかが芸の深さであり、そのために、扇子や手ぬぐいなどの道具や「目線」などのしぐさも全部使って、本物「らしさ」を想像させることが大切であると教えてもらいました。
また、何人かの児童は、高座にあげてもらい、即興で教えていただいた小話を披露したり、うどんの食べ方の演技を行ったりもしました。(三段さん、三四郎さんのつっこみもあり、大爆笑!!)
後半では、「桂三段さん」「桂三四郎さん」の本物の落語をたっぷり聞かせてもらいました。
落語は、低学年の児童には難しいのかなと不安でしたが、さすがは話術とお笑いのプロ。子どもも大人も大爆笑。早口なんだけど、聞き取りやすいしゃべり方や、絶妙なつっこみなど、普段の授業にも参考になるなぁと、感心しながら聞き入っていました。
(写真と文:27日に娘さんが誕生した安藤先生)

8月22日「2学期のスタートだ!」

  • 1
    校歌斉唱
  • 2
    2学期これはがんばった!つづけた!って言える人!?
  • 3
    二人が自信を持って出てきました!
2学期が昨日スタートしました!夏休み中、事故もなくみんな元気な顔を見せてくれたことが何よりです。みんな手に手に誇らしげに自由研究を持って登校してきます。始業式には「終業式の時に校長先生が言った夏休みこれは頑張った!と言える人、これは続けたと言えるものがあるか聞いてみました。」170人中76名が自信を持って手を挙げました。毎日マラソンを続けた人もいましたね。2学期は校長先生からみんなに「自分の弱い心と闘うこと」「みんなと頑張ること」の二つをお願いしました。さあ!2学期を素敵なものにするのも自分次第!みんなで挑戦!

お問い合せ・担当窓口

豊富町立豊富小学校

  • 住所:郵便番号098-4110 北海道天塩郡豊富町字豊富大通1丁目
  • 電話番号:0162-82-1707
  • ファクシミリ:0162-82-1710
  • メール:toyoshoku1@hkd-toyosho.ed.jp