令和元年度 豊富町インフルエンザ予防接種費用助成のについて

豊富町では、下記の要領で町民の皆様に予防接種費用の助成を行います。
なお、予防接種の方法については接種を希望する医療機関へ直接お問合せください。
インフルエンザ予防接種料金助成についてご不明な点がありましたら、豊富町保健センター保健推進課保健予防係までご相談ください。

助成・申請期間

令和元年10月1日から令和元年12月31日までに接種した費用で、豊富町保健センターに令和2年2月7日 金曜日までに申請した分を助成します。
ただし、2回接種が必要なかたで、1回目の接種が令和元年12月31日までに終了し、かつ2回目の接種が令和2年1月31日までに接種した分についても、令和2年2月7日までに申請した場合は接種費用の助成対象となります。

対象者

接種日に豊富町に住民票がある方

助成額

  • 生活保護世帯…全額助成
  • 上記以外の世帯…半額助成

助成を受ける方法

豊富町国保診療所で予防接種を受ける場合

  • 必ず事前に豊富町保健センターにて申請の手続きをしてください。
    • 申請書は、保健センターにて配布しております。
    • 申請後、助成決定書と予診票をその場でお渡しします。
  • 予診票、助成決定書、接種料金を持参の上、豊富町国保診療所にお越しください。 
    • 生活保護世帯の情報は役場内での申請手続きを経て事前に把握させて頂きます。
  • 申請の手続きをしていない方は、接種できません。必ず事前に豊富町保健センターにて手続きをしてください。
  • 13歳未満の方については、事前に国保診療所(82-1515)に電話予約が必要です。詳細については、別途回覧をご覧頂くか、国保診療所へ直接お問い合わせください。

豊富町以外の医療機関で予防接種を受ける場合

接種後、接種料金を払い戻すための手続きが必要です。
お手数ですが、豊富町保健センター保健予防係窓口へお越しください。
なお、払い戻しの手続き受付は11月5日 火曜日より開始します。
保健予防係まで持参していただくもの
  1. 医療機関発行の領収証
  2. 印鑑
  3. 本人名義の信金・農協・銀行の通帳
※お子様の場合は、保護者のかたの通帳を持参ください。
申請書類
  • 申請時には「助成申請書」が必要となります。事前にご自宅でご記入をご希望のかたは次の書類を印刷してご使用ください。
  • 自宅にて申請書を記載する際に留意していただく記載箇所があります。次の「申請書記載留意点」をご確認の上、ご自宅にて記載・捺印ください。
  • なお、ご自宅で助成申請書を印刷し口座情報のご記入をいただいた場合でも、保健センター保健予防係窓口にお越しの際は、「通帳」を持参ください。

健康被害救済制度について

インフルエンザ予防接種を受けて健康被害が生じた場合、接種日年齢と接種を受けた医療機関により、健康被害の補償(制度)が異なります。
詳細は説明文書「町外対応用、救済制度」をご確認ください。

豊富町外在住の町民のかたの助成申請について

豊富町に住民票があり、諸事情により町外に現在在住のかたが、接種を受けられた場合も助成の対象となります。
手続きについては、下記の説明書をご確認ください。
申請に必要な「申請書」も下記よりダウンロードしてご利用ください。
なお、町外在住のかたの申請手続きのみ郵送での申請も可能です。

お問い合せ・担当窓口

保健推進課 保健予防係