退職者医療制度(国民健康保険)

退職者医療制度とは、会社などに長く勤めていたかたが、医療の必要性が高まる退職後に国民健康保険へ加入することによって、国民健康保険の医療費負担が重くなることを抑えるためにつくられた制度です。
ただし、新規適用は平成26年度までで終了となり、平成26年度末までに退職者医療制度の該当となる方については、65歳到達まで資格が継続されることとなります。

退職者医療制度に該当する人

会社などを退職されたかたが利用できる「こくほ」の制度で、次の条件にすべてあてはまる人とその人に扶養されている人が対象となります。
  • 国民健康保険に加入しているかた
  • 年齢が65歳未満であるかた
  • 厚生年金や共済組合の老齢年金を受けているかた※その年金制度に20年以上加入しているかた、または40歳以降に10年以上加入しているかた

お問い合せ・担当窓口

保健推進課 保険給付係