セルフメディケーションとは

 セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な体の不調は自分で手当てすること」と定義されています。
 例えば、適度な運動や、十分な睡眠、バランスのとれた食事、健康診断の受診など、日頃から健康を意識することで、生活習慣病等の予防や改善、健康寿命の延伸、医療費の節約につながります。

OTC医薬品(市販薬)の活用

 OTC医薬品(市販薬)とは、薬局・ドラッグストアなどで医師の処方せん無しに購入できる医薬品のことです。
 軽度な身体の不調を手当てするためにOTC医薬品を利用することで、医療費を節約できる場合があります。ただし、飲み合わせによる副作用が現れる可能性のあるときは薬剤師に相談する、体調が改善しない場合はすみやかに医療機関を受診するなど、適宜判断しましょう。

セルフメディケーション税制とは

 医療費控除の特例として、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う人(健康診断の受診や予防接種など)が、対象のOTC医薬品を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができる制度です。

 対象となる医薬品等、制度について詳しくは、厚生労働省のホームページでご確認ください。

お問い合せ・担当窓口

保健推進課 保険給付係