豊富町の酪農

イメージ写真
豊富町は酪農が基幹産業の町です。雄大なサロベツ原野を望み、1万3千ヘクタールの牧草地を基盤とした放牧型酪農を展開しております。
乳牛頭数1万6千頭、年間出荷乳量は7万2千トンと全道でも上位にランクされております。また広大な粗飼料基盤を有効に活用するため、黒毛和種(肉用牛)も飼育されています。
町内には、1,500ヘクタール(東京ドーム約320個分)という、日本有数の広さを誇る「豊富町大規模草地育成牧場」があり、町内外の酪農家から預託された1,300頭の乳用育成牛が広大な牧草地に放牧されています。
また、町内には豊富牛乳公社があり、地元で生産された牛乳を「豊富牛乳」として加工・生産しているとともに、セイコーマート牛乳の生産工場として、道内のセイコーマートに販売されております。気が向きましたら、是非確認してみて下さい。
酪農も近代化が進み、豊富町内では搾乳ロボットが3戸5台稼働しています。フリーストールやミルキングパーラーの整備も徐々に進み、町内では1,000トンを超える生乳生産農家も多くなりました。
豊富町では、農業実習生・研修生の受け入れも行なっておりますので、興味のあるかたは、次のリンク先をご覧ください。

関連リンク

関係機関へのリンク

お問い合せ・担当窓口

農林水産課 酪農振興係