現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の窓口
  3. 総務課
  4. 地域振興室地域振興係
  5. 自治体間連携特設ページ

自治体間連携特設ページ

東京都港区ってこんなところ

豊富町と連携している東京都港区は、東京23区を代表する区の一つであり、豊富町の約1/25の面積に外国人約1.8万人を含む約25万人が居住する自治体です。港区は、赤坂、青山、麻布、白金、新橋、台場など有名なエリアがあり、日本を代表する会社や各国大使館が多数所在している地域で、東京タワーやレインボーブリッジをはじめとした魅力ある観光地でもあります。
このたび港区では、人、まち、歴史、文化、自然など、多様な港区の魅力を凝縮した「港区ワールドプロモーション映像」及び"水"、"歴史"、光"をテーマに6Kカメラで撮影された『360度の体感型VR動画』の美しい映像を製作されたので、多彩な港区の魅力をお楽しみいただきたいと思います。

北海道豊富町ってこんなところ

日本最北の温泉郷「豊富温泉」

豊富温泉
泉質は油を含んだ温泉でアトピーや乾癬など皮膚疾患に効能があり、豊富温泉の効能を求め全国から湯治客が訪れています。
豊富温泉のもつ高い効能は皮膚疾患に悩む方々から「奇跡の湯」とも呼ばれ、油を含んだ泉質は世界には2つ、日本にはただ一つともいわれるほど希少な温泉です。温泉と一緒に石油と天然ガスが噴出しており、エネルギーの有効活用も進められています。

酪農のまち「北海道豊富(サロベツ)牛乳」

大規模草地
豊富町は牛が1万5千頭飼養されている酪農のまち。北海道の中でも北に位置する豊富町の冷涼な気候と広大な牧草地の中で、乳牛たちがストレスなくのびのびと過ごしています。
地元の酪農家が搾った新鮮な牛乳から自然の風味豊かな「北海道豊富(サロベツ)牛乳」が製造されています。北海道ではコンビニのセイコーマートで販売されていることでおなじみです。

国内最高得点更新の偉業達成!!

佐藤牧場
豊富町の酪農家をご紹介
このたび豊富町佐藤牧場では、日本ホルスタイン登録協会の体格審査において国内最高得点96点を獲得!
歴代最高得点95点を更新しました。
豊富町の酪農家は自信と誇りをもって安全で安全なおいしい北海道とよとみ(サロベツ)牛乳を生産しています。

ラムサール条約登録「サロベツ原野」

サロベツ湿原
「利尻礼文サロベツ国立公園」の一部である「サロベツ原野」。どこまでも広がる原野には、エゾカンゾウなど約70種類もの花々が咲き、野生な動物たちが豊かな命を育んでいます。「サロベツ湿原センター」にはサロベツ原野の歴史の解説や原野を一望できるライブカメラが設置されているほか、約1キロメートルの木道があり湿原を散策することができます。
サロベツ原野は低地における高層湿原として日本最大の広さを持ち、オオヒシクイなど渡り鳥の中継地、タンチョウの営巣地として2005年にラムサール条約の登録湿地として指定されています。

豊富町ご紹介リンク

これまでの東京都港区との連携事業

宗谷イチ押しプロモーションを開催しました。

2019年11月9日(土曜日)10:00~17:00に東京都港区の品川シーズンテラスで「宗谷イチ押しプロモーション」を開催しました。
本イベントでは、宗谷地域9町村のイチ押しを体験イベントや物販などを行いPRしました。豊富町のブースでは、豊富温泉の手湯体験や温泉関連商品など特産品の販売を行い、多くの人に豊富町の魅力を感じていただけたと思います。特に豊富町産の食品は全て完売となり、大変好評でした。また、先着100名様に用意した「宗谷地域の特産品プレゼント」では、豊富町産の鹿肉缶詰が最初に配り終わり、区民の鹿肉に対する興味の高さも伝わりました。
宗谷イチ押しプロモーションにお越しいただいた皆さま誠にありがとうございました。
  • 宗谷イチ押しプロモーションを開催しました。
  • 宗谷イチ押しプロモーションを開催しました。
  • 宗谷イチ押しプロモーションを開催しました。
  • 宗谷イチ押しプロモーションを開催しました。
  • 宗谷イチ押しプロモーションを開催しました。

宗谷版ワーキングホリデーを実施しました。

宗谷版ワーキングホリデーは、東京都港区と連携している宗谷の町や村で、港区と関わりのある方に、一週間程度、就業体験していただきながら、地域の人たちとの交流や学び、暮らしを経験してもらう取組みで、今回初の取組みとして実施しました。
豊富町では、3名の方を首都圏から招き、サロベツタイムトライアル/サロベツ100マイルロード大会の運営と川島旅館での就業体験を行いました。参加者からは、「迫力あるレースを間近に見ることができ楽しかった」、「普段行うことができない加工作業ができ面白かった」などの感想があり、宗谷・豊富町の魅力を存分に味わっていただけのではないでしょうか。
豊富町をはじめとした宗谷地域の人手不足、都市との交流を進めていく上での一助となれば幸いです。
  • 参加者が集まってきました
  • レースの受付を手伝いました
  • レースの受付準備に大忙しです
  • レース会場で配られた牛乳もいただきました
  • 川島旅館ではバター製造の手伝いを行いました
  • 川島旅館さまにはまかないも提供していただきました
  • 最後に町長と懇談を行いました

港区内の公衆浴場で「豊富温泉&宗谷海鮮風呂体験WEEK」を開催しました。

本イベントは、港区との連携事業として今年で三回目の開催となります。恒例の「豊富温泉」と共に、今回は利尻昆布風呂にオホーツク海産のホタテパウダーを加えた「宗谷海鮮風呂」が新たに登場しました。また、豊富町をはじめとした宗谷地域の特産品販売も行いました(以下)。

【麻布黒美水 竹の湯】
湯あがりプリン、のむヨーグルト、北海道ミルクキャンディ、利尻昆布ラーメン(インスタント)、天然ケイ素水(リシリア)、ほたてカリー、みみくんスティック
【南青山 清水湯】
のむヨーグルト、サロベツ大地源泉水(濃縮温泉水)、利尻昆布ラーメン(インスタント)、利尻島焼き昆布、ほたてカリー、さるふつアイスクリーム、みみくんスティック
  • 本年は豊富温泉、利尻昆布、ホタテの三種類で実施します
  • 港区内の四か所の入浴施設で実施します

宗谷イチ押しプロモーション

2018年11月17日(土曜日)10:00~17:00に東京都港区の品川シーズンテラスで「宗谷イチ押しプロモーション」を開催しました。
北海道最北の宗谷地域を知っていただくため、宗谷9町村のイチ押しを担当者が直接PRし、また豊富温泉の源泉体験をはじめ宗谷ならではの体験イベントの実施や、特産品の販売を行いました。さらには、宗谷町村会が包括連携協定を結ぶ株式会社K.A.M rich foods(イタリアン居酒屋「炭リッチ」などを運営)による料理講座では、宗谷の幸を使った試食を提供し、皆さまに宗谷の良さを味わっていただきました。
ご来場頂いた皆さま大変ありがとうございました。
  • 宗谷のイチ押しを紹介するイベントを実施しました

みなと区民まつり2018

2018年10月6日(土曜日)に開催されました「みなと区民まつり」に出展いたしました。豊富町産牛乳を使用したミルクキャンディー、間伐材を活用したわりばしを無料配布したほか、アトピーや乾癬などの皮膚疾患に効能があると言われる豊富温泉の濃縮温泉水などを販売いたしました。
台風接近のため、一日のみの開催となりましたが、たくさんの方に豊富町や宗谷の魅力が伝わったことと思います。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
  • 大勢の方に宗谷のブースに来ていただきました
  • 宗谷の特産品に興味を持たれた方がたくさんいました

港区長へおハシの贈呈

  • 平成28年7月28日 港区長へおハシの贈呈をいたしました
    平成28年7月28日 港区長へおハシの贈呈をいたしました
  • 平成28年7月28日 宗谷町村会各町村長が港区長を表敬訪問
    平成28年7月28日 宗谷町村会各町村長が港区長を表敬訪問

おハシのかけハシ物語

  • おハシのかけハシ物語

温泉力地域協力協定

温泉力地域協力協定を締結

平成27年7月22日水曜日東京都内の竹田市東京オフィスにおいて、大分県竹田市、秋田県仙北市・豊富町の2市1町で「温泉力地域協力協定」を締結しました。
この協定は、国内で湯治効果が高い名湯を有し、雄大な自然と古い歴史、そして独自の温泉文化を誇りとする3市町が、国民の健康づくりと、更なる観光振興を目指し、自治体間相互の連携を深めていくために協定を締結するもので、今後、この協定を活用した取組をおこなっていく予定です。
  • 温泉力地域協力協定を締結
    左から工藤町長、門脇仙北市長、首藤竹田市長、右端は立会人のNPO法人健康と温泉フォーラム三友会長

平成28年北海道台風被災支援

北海道南富良野町への災害支援寄附の受付代行をおこないました

11月末で受付代行を終了させていただきました。
8月に相次いで北海道へ上陸した台風により甚大な被害が発生した北海道南富良野町へ災害支援寄附の受付代行で支援をおこないました。
ふるさと納税による緊急支援フォームから豊富町へお申し込みいただいた寄附は、全額南富良野町に送金させていただきます。
南富良野町と豊富町は両町長とも北海道町村会の役員として共に行動し、日頃より大変御懇意にさせていただいていることから代理受付をさせていただきました。
  • 南富良野町の様子

皆さまのあたたかいご支援ありがとうございました。

北海道豊富町が被災地のためにできることのひとつが”災害支援寄附の受付代行”です。
台風被災地である南富良野町は北海道のほぼ中央に位置し、同じ北海道でも最北に位置する豊富町とは約300キロメートル離れております。
被災地まで遠く支援に時間がかかりますが、”災害支援寄附の受付代行”であれば距離に関係なく被災地への支援を行うことができます。
距離や時間に制約されることなく、多くのみなさまからの支援のおもいも含め南富良野町へ寄附金を届けます。

お問い合せ・担当窓口

総務課 地域振興室地域振興係

  • 住所:郵便番号098-4110 北海道天塩郡豊富町大通6丁目
  • 電話番号:0162-82-1001(内線 107番・108番・109番)
  • ファクシミリ:0162-82-2806
  • メール:soumuka@town.toyotomi.hokkaido.jp